田中将大 速報 ナショナルズ戦 シャーザー投手 ヤンキース7連勝

2018年6月16日

masahirotanaka.jpg
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150611-00010003-baseballc-base.view-000
ヤンキースの田中将大 はナショナルズ戦 に先発。
前回登板に優るとも劣らぬ好投を見せた。
この試合、田中は7回を投げ、
被安打5の無四球で6三振を奪い、復帰2戦目を白星で飾った。
(今季4勝1敗で防御率は2.48。)
失点は、4回に強打者ハーパーに強烈な
ソロホームランを浴び1点のみ、
復帰登板2戦目も圧巻の投球

投げ合った相手のシャーザー投手は、
タイガース在籍の2013年にサイ・ヤング賞を受賞しており、
昨オフにFAとなりESPNが「国防総省の予算並み」とすら称した
7年総額2億1000万ドルでナショナルズと契約した超大物。
結局シャーザー投手は、
6回2/3を投げて8安打7奪三振4失点で
敗戦投手になってしまいます。
この試合は、6-1だったが、終盤までは接戦だった。
ジラルディ監督は、次のようにコメントしている。
「2登板とも効率の良い投球だった。持ち球も全て昨年の状態に遜色ない」
絶賛している。
「大舞台を楽しんでいるようにも見えた。こうした投球がしたくて、アメリカに来たのだろう」
これでヤンキース7連勝で、
ア・リーグ東地区での2位に2.5差を付け首位
を走っている。
それにしても田中投手は、安定した投球が光りますね。
動画を見ても、マウンド上の表情は落ち着いています。