Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏 嘘

2018年6月16日

朝日新聞が、
「吉田清治氏の書いた慰安婦の強制連行は虚偽」判断して
「記事を取り消します」と発表しましたね。
吉田清治氏
yoshidakiyoji.jpg
記事によれば、

「私たちは元慰安婦の証言や数少ない資料をもとに記事を書き続けました。

そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことが分かりました。

問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、裏付け取材が不十分だった点は反省します」

とあります。
引用:http://www.asahi.com/articles/ASG7X6753G7XUTIL053.html
それは、これまでの慰安婦報道に対して、
一部誤報を認めた形です。
次に「慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、誤用しました」と
女子挺身隊の名前で、慰安婦を集めた事実に関しても
誤報であったことを認めました。
こちらは、強制連行と女子挺身隊を混同したとしているが、
戦争で男手を取られ、代わりに工場などに動員された
女性を、女子挺身隊と言われました。
これが半ば強制的だったために、慰安婦も強制的に
連行されたと言っているのだとおもいますが、
大きな混同でしょうね。
さらに朝日新聞の特集記事では、
「吉田清治氏の書いた慰安婦の強制連行」について
済州島で取材をしましたが、そんな事実は浮かんでこなかった、
と取り消しの理由を述べています。
いくら、やれ資料がなかった、とかいっても
その時に事実確認をしなかった朝日新聞は
どうかと思いますよ。
記事を連載したことは、別の意図があったのでは?
と思われても仕方ありません。
また、同じく朝日新聞のサイト
のページでは自民党の安倍晋三総裁の見解が載っています

自民党の安倍晋三総裁が

2012年11月の日本記者クラブ主催の党首討論会で

「朝日新聞の誤報による吉田清治という詐欺師のような男がつくった本が

まるで事実かのように日本中に伝わって問題が大きくなった」と発言。

一部の新聞や雑誌が朝日新聞批判を繰り返している、

引用http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html
とあります。
慰安婦問題が政治・外交問題へと発展し、
今日の日本と韓国とので関係が悪化したそもそもの
原因を作ったのは、当時朝日新聞の連載記事だったとしたら
そのことで、韓国政府が怒っているとしたら
朝日新聞は、本当に謝罪では済まされないでしょうね。

朝日新聞は吉田氏について確認できただけで16回、記事にした。

初掲載は82年9月2日の大阪本社版朝刊社会面。大阪市内での講演内容として

「済州島で200人の若い朝鮮人女性を『狩り出した』」と報じた。

執筆した大阪社会部の記者(66)は「講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった」と話す。

引用http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html