林修 夏休み特別生放送SP 謝罪

2018年6月16日

林修先生が『おわび』としてブログにコメントを掲載した。
hayasiosamu.jpg
「仮面ライダー鎧武」「烈車戦隊トッキュウジャー」の番組が
林修先生の特番で中止になり、
ファンの一部が「林修 ゆるさねぇぇぇぇぇぇぇ」 
などとツイートしたことに対して応えたもの。
林修先生
「週に一度の放送を楽しみにされている方が、突然の変更で番組がなくなったことで、
憤りを感じるのは当然のことです。
ましてや、今、物語を佳境を迎えているとのことですから、なおさらです。
このような方に対して、本当に申し訳ないと思い、こういう記事を書いております」
と陳謝した。

これに対して、ツイッターでは
「素晴らしい対応」、「林修先生は悪くない」
「律儀なお方やな」、「いい人だ、配慮に感心する」
といった反応が相次いでいる。
確かに番組の編成はテレビ局が決めたもの。
林修先生が、自分の特番を“この時間帯に放送しろ”なんて
ことを言ったわけではないだろうから。
これって、TV朝日の番組の都合特番を組んだもので、
特に林修先生が謝ることではないと思うのですが
そんなコメントを載せただけで、話題になりツイートされるとは
林修先生の人気ってものすごいあるんだな~と思いますよ。
また、私の特番のおかげで
番組が中止になり、申し訳ない、と配慮したコメントは
誠実さがとても好印象だった。
ところで、林修先生は謝ってばかりではない。
自分の主張もきちんというところが林修先生の魅力なのでしょうね。
先日、「数学ができない人は、ものを教えるべきではない」発言が
物議をかもしていましたが、自身の考え方が
きちんとしているからこそ、いえる発言ですね。
私的に言い換えるなら、
“論理的思考能力がある人か否か”、
ということを言いたかったのではないですか。
物を教えるのには、講義する力が必要ですからね。
道筋立てて、話を展開する力は必要ですからね。