Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



峯岸みなみ 総選挙 順位

2018年6月16日

峯岸みなみファンの方には
今回2013総選挙14位という
順位はどうだったのでしょうか?
評価が低いのかどうかはわかりませんが・・。
峯岸みなみさんは、明るく面白くて、
頑張り屋さんなところが、とても魅力的に感じます。
テレビにも度々出演しているから
14位というのは、どうもっ物足りない気がしますし
評価が低いのでは?と思ってしまいますよね。
そもそも総選挙は、
何のために行っているのかというと、
その曲のCD歌う選抜メンバーのポジションを
決めるだけなんです。
総選挙だけが、一人歩きして
上位の人が効力があるかのように
思われがちですが、それは間違いです。
現に、その曲のCDが終われば、
元にもどりますし
たとえ総選挙で上位にランクされても、
運営部に認められないと
活躍の場所はもらえないようです。
逆に順位が下位でも、運営部に認められれば、
活躍の場所がもらえる、というわけですね。
AKB48 32ndシングル選抜総選挙”というタイトルですから。
AKB48のメンバーは、
“メンバーのそれぞれの仕事には介入しない”
というのが基本です。
メンバーのそれぞれ別の芸能事務所に所属してます。
元メンバーの前田敦子の
ドラマは、太田プロのマネージメントです。
AKB48は、仕事のマネージメントするだけなんですね。
看板の番組は、AKBの管轄ですが、
それ以外の個人の仕事は関係ないようですよ。
所属事務所の人間が、がんばれば
そのメンバーの仕事は多くなる仕組みです。
結論を言いますと、総選挙の順位はAKB48の中の序列には
関係ない。、ということです。
今回、指原が1位でしたが、今後センターが指原になる
のか?というとそうではないと思います。
あくまでAKB48のセンターは大島優子だと思いますよ。
順位が何位でも、キャプテンは高橋みなみです。
AKB48として出演する番組の内容によって扱いは変わるものです。
メンバーの性格上、
バラエテー番組だと峯岸、秋元、指原が盛り上げてくれますし、
渡辺麻友や板野友美だと盛り上がらないと思います
⇒akb48 総選挙 2013 結果 画像はこちら
AKB48 32ndシングル選抜総選挙結果

第1位 指原莉乃(HKT48チームH/HKT48劇場支配人)
  

第2位 大島優子(AKB48チームK)
 

第3位 渡辺麻友(AKB48チームA)

第4位 柏木由紀(AKB48チームB)

第5位 篠田麻里子(AKB48チームA)
 

第6位 松井珠理奈(SKE48チームS/AKB48チームK)

第7位 松井玲奈(SKE48チームE)

第8位 高橋みなみ(AKB48チームA)

第9位 小嶋陽菜(AKB48チームB)
 

第10位 宮澤佐江(SNH48/AKB48チームK)
  

第11位 板野友美(AKB48チームK)
 

第12位 島崎遥香(AKB48チームB)
 

第13位 横山由依(AKB48チームA)
  

第14位 山本彩(NMB48チームN)
  

第15位 渡辺美優紀(NMB48チームN/AKB48チームB)
 

第16位 須田亜香里(SKE48チームKII)