Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



天野篤 猪木

2018年6月16日

SWITCHインタビュー 達人達(たち)
「アントニオ猪木×天野篤」
NHKEテレ


22:00~23:00で放送される。
これは違う分野の人たちが語り合うトークドキュメント!
昨年、天皇陛下の冠動脈バイパス手術を
手がけた、天野篤順天堂大教授。
“神の手”の持ち主と言われる天野教授は、
アントニオ猪木の熱狂的なファンでもある。
手術には、絶対に後戻りできない生と死の分岐点
(ポイント・オブ・ノーリターン)があるという。
天野教授とアントニオ猪木がそれぞれの勝負の場でも
ある、手術室とリングで手術、試合、人生における
分岐点について語り合う。
語り
吉田羊,六角精児
天野 篤(あまの あつし、1955年 – )プロフィール
心臓血管外科を専門とする日本の外科医。
順天堂大学医学部心臓血管外科教授。
冠動脈バイパス術の専門家で、日本屈指の心臓外科医。
年間500件のオペをこなし、成功率98%の実績を持つ。
2012年(平成24年)2月18日には、
今上天皇の狭心症に対応した冠動脈バイパス手術を、
私立医大出身者としては異例の、東京大学医学部との
「合同チーム」の一員として執刀し、話題となる。
心臓外科を扱ったドラマや映画の監修も行っている。

・テレビドラマ「医龍-Team Medical Dragon-」

・映画「チーム・バチスタの栄光」

天皇陛下の心臓外科医・天野篤の著書