Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



新歌舞伎座 東京 こけら落とし チケット

2018年6月16日

ついに東京の新歌舞伎座が完成しましたね。
この完成記念の大歌舞伎座を、
是非とも観覧したい、と思っている方は
多いのではないでしょうあか?
歌舞伎のチケットは、
どうやって入手すれば良いのでしょう?
いろいろ調べましたら、
こちらから確実に入手できそうです。
「チケットWeb松竹」
4月のチケットは残念ながら完売です。
5月分のチケットは4月に発売になります。
まずは、歌舞伎座新開場の日程や
料金表も確認して見てきださい。
詳しくは

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2013/04/post_46.html#ticket
チケット申し込みは
このページ下の
チケット詳細をクリック
さらに「チケットWeb松竹」をクリック
するとここから申し込めます。
「チケットWeb松竹」ではまず登録が必要です。
4月公演の窓口での販売は3月17日からですが、
チケット自体は
3月15日から発売されています(一般発売)
ここで、気になる情報として
チケット詳細の下
(チケットホン松竹の電話番号の下)には
「窓口販売用別枠でのお取置きはございません」と
書かれています。
つまり“窓口用にチケット分けて
確保している訳ではない”
ということを意味しています。
どんなに早い時間に窓口に行っても
販売するチケットがない状態はこのためです。
松竹は、他のプレイガイドのように
一般発売・先行発売とチケットを
分けていません。
歌舞伎会のランクの高い会員から順次購入
できるようになっています。
実際、15日の時点で全公演・全席種が完売しています。
ですから、チケットぴあ・イープラスなどの
プレイガイドもを調べても、早々と完売しています。
4月の歌舞伎座公演をどうしても観覧希望のかたは
ことがあります。
「チケットWeb松竹」をマメにチェックして
見てくださいチェック
・役者さんがご招待や後援会用に確保していた席が
一般発売に戻る
・オークションやチケット掲示板でも
みつかるかもしれません
引用元:銀座経済新聞

初日は4月2日で、
最初の3カ月間は1カ月ごとに3部制大歌舞伎を展開。以降3カ月は若手歌舞伎役者を中心に「歌舞伎を継承する」公演を、以降は義太夫狂言の3大名作や新企画などを打ち出し2014年3月までを「こけら落とし」とする。
 4月公演は、坂田藤十郎さん、中村魁春さん、市川染五郎さん、市川団十郎さんが出演する「壽祝歌舞伎華彩(ことぶきいわうかぶきのいろどり)」で開幕。続いて「18世中村勘三郎に捧ぐ」と銘打ち、勘三郎さんの代表的な演目だった「お祭り」を上演する。出演は「同世代の盟友の一人だった」坂東三津五郎さんのほか、実子である勘九郎さん・七之助さんや、福助さん、橋之助さんなど縁の深い顔合わせ。ほかに「忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)」「勧進帳(かんじんちょう)」などを3部制で展開する。千秋楽は4月28日。
 5月公演は菊五郎さんや団十郎さんが出演する「三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)」(第1部)、藤十郎さん、中村吉右衛門さんらが出演する「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」(第2部)、坂東玉三郎さん、尾上菊之助さんによる「京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ)」(第3部)など。公演期間は5月3日~29日。
 6月公演は、坂東三津五郎さん、中村時蔵さんによる「喜撰(きせん)」(第1部)、片岡仁左衛門さん、市川海老蔵さんらによる「壽曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」(第2部)、松本幸四郎さん、中村梅玉さんによる「御存鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)」(第3部)など。公演期間は6月3日~29日。
 「いずれの月も、歌舞伎座新開場にふさわしい極め付きの名狂言、最高の配役をそろえた。歌舞伎の醍醐味(だいごみ)を堪能いただければ」と松竹の迫本淳一社長。
 チケットは4,000円~2万2,000円。
一般前売りは往復はがきで受け付け、
応募多数の場合は抽選。
その後、電話予約・ウェブ販売を行う。