Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



黒田勇樹 引退 理由

2018年6月16日

黒田勇樹(30)が、
現在放送中の深夜ドラマ『ロボやん』(毎週水曜 深夜1時30分 千葉テレビ放送)
第6話で約3年ぶりにドラマ出演する。
画像=黒田勇樹
kurodayuugazoki.jpg
現在“ハイパーメディアフリーター”として活躍中だが、
元俳優の黒田として報じられているのは、2010年に芸能界を引退しているから
である。
Wikipediaによると、黒田は、
2010年4月末をもって所属事務所から契約を打ち切られ芸能界を引退し、
その後、コールセンターや運送会社で働いていたが、2011年11月まで無職。
2011年9月7日、自殺未遂をしていたと報じられた。
芸能界の経歴として、1歳からモデルとしてCMや雑誌に出ている。
1988年にNHK大河ドラマ『武田信玄』で信玄の孫・武田信勝役で、
俳優デビューした。
今回のドラマでは、
近所の公園に出没し主人公の相談に乗る
自称“ハイパーメディアフリーター”黒田ニーサン役として登場
ドラマ『ロボやん』は、
“鍵っ子”の小学2年生・野口健太(野口魁生)と、
父が商店街で購入したロボットの「ロボやん」が繰り広げる
生活をコミカルに描く一話完結型短編ドラマ。
黒田は6日(水)放送回に登場する。