銭湯 タトゥー 理由

2018年6月16日

銭湯などでタトゥー入場禁止
と書かれた張り紙があるのは
よく見かけますよね。
これは、
「他のお客に対して、不愉快な思いをさせる」
というのがその理由だそうです。
最近の傾向としては、隠すようにすればOKとか
観光温泉施設などによっては
入れ墨やタトゥーだけでは
入場を拒否しない、といったケースも出てきているようです。
芸能人の影響でしょうか、
若い方にはポピュラーな感じになってきている
傾向がありますね。
しかし、入れ墨などを見せられるのは
不快と思っている人が
多くいるのも事実です。
江戸時代は
罪人に対して罪として入れ墨をいれ、
「悪」と腕に入れさせられたようです。
中には額に「犬」などの文字を入れさせられて罪人もいたようです。
もともと入れ墨は
明治時代に法律で禁止になっています。
しかし、、
暴力団はにおいては
帰属組織への
忠誠を示すために使われそのました。
いつの間にか「入れ墨(刺青)=暴力団」というイメージができあがってしまった。
入れ墨というのは、周囲を威圧することにつながったといえます。
ファッションでタトゥーを入れたい人には
シールを貼って楽しむこともできますね。
若い人には、ちょっと人気なんで、
ことらをのぞいてみるの見いいかもしれません。
↓↓↓↓↓↓↓↓

海水浴場付近の殺傷事件もあったことから、
神奈川県逗子市の海水浴場では、以下の事が禁止されたいます。
▼海の家以外でのバーベキューの禁止
▼音響機器を使った音楽の禁止
▼タトゥーの露出禁止
夏は楽しいイベントが盛りだくさんです。
くれぐれも規制があることをお忘れなく。