鈴木誠也は肩が強い、打力だけでない

2018年6月16日

イチロー並のレーザービームの肩の強さ

今や広島カープの鈴木誠也選手は
7月の2試合連続サヨナラホームランで緒方監督から
「神っている」という言葉をかけましたが
その鈴木誠也選手は打力だけでない、そう肩も強いのです。

この試合の動画を見る限り、まるでイチローのレーザービーム
返球を見ているようですね。
鈴木誠也選手はもともと投手出身。
肩が強く、はじめは内野手として育成されていましたが、
その強肩を活かすために外野手になりました。
イチローも投手から外野手に転向した選手ですから
その辺は似ています。
相手選手のインタビュー動画にバズーカのような送球

といわれていますが、
それもそのはず。
昨年の「すぽると」で
『1/100』の強肩部門では柳田悠岐と優勝を
分け合いました。
鈴木誠也選手
seiya.jpg
・広島カープの若手の急成長した外野手。
・今季に入ってからの活躍が目覚ましく、昨季からスタメンの座を射止めた。
・打撃能力の向上と俊足・強肩でカープを引っ張る存在に
・背番号51番はイチローのようになれるようにと付けられた。

神っている発言の由来は?

緒方孝市監督(47)の妻で
タレントのかな子さん(43)に、
よると、
鈴木選手が2試合連続サヨナラホームランを打った際に
『神(かみ)ってる』インタビューで答えたのは
子供と遊んでいるときに子供が
しゃべっているのを聞いてつい出た言葉だといいます。
緒方かな子さん
ogatayome.jpg

緒方(中條)かな子の子供やプロフィール!夫との馴れ初めは?


※奥さんの緒方かな子さんは、元グラビアアイドルの中條 かな子さんです。
2人の間には3人の子どもさんがいるそうです。

今では流行語大賞いなるのではないか?と
言われているくらい
その言葉が有名になりましたね。
「娘も息子も「あれは私の、僕の言葉でしょ」と
文句を言うと
「はあ?」と、とぼけていたそうです。
あんまり笑わないし、むっとしているように見えるけど、
そうではなく意外とちびっ子とか、動物とかが好きだそうだ。
現役時代は頑張りすぎるくらい頑張っていたといいます。
・鏡の前で素振りしてバットの出る角度を確認する。
・ビデオで打席をチェック。
・1週間ギプス付けるように言われても、3日でとってしまう。
監督になった今も、
・他球団の映像チェック
・新聞も全社買ってくる
自分がいいと思ったことは全部やります。
いつか優勝できれば・・・が現実となって、
「夢がかなって良かったね。パパ」
と言っているそうだ。

関連記事
>>広島カープ優勝目前 25年前の当時のメンバー紹介