本田圭介移籍後 初ゴール パチューカ

2018年6月16日

本田圭佑がメキシコのチームパチューカに移籍して
デビュー戦で初ゴールを決めた。
honda.jpg

本田劇場の幕開けにメキシコメディアも興奮 デビュー弾に「すごい左足。スポットライト独り占め」


今月の22日(日本時間23日)、ホームで行われたベラクルス戦に
後半13分から出場した本田は、27分にはカウンターから、
ドリブルで抜け出すと左足で強烈なミドルシュートを放ち、
移籍後初ゴールを決めた。
ペナルティエリア外からのシュートだったが、
これには、サポーターも大熱狂。

このシュートに、メキシコメディアも速報で取り上げた。
『depor.com』は「すごい左足シュートを決めた」
「日本のスター到来でタイトル獲得を夢見るパチューカのサポーターの期待に応えた」
と称賛している。
また、後半の60分にもコーナーキックの流れたボールが
本田の目の前にくる大チャンスがあったが、
ダイビングヘッドがはずれ惜しくもゴールはならなかった。
honda-2.jpg
http://nofootynolife.blog.fc2.com/blog-entry-2727.html
ファンも熱狂した。
ベンチに座る本田に身を乗り出してサインを求めるサポーター、
「デビュー戦を見れただけでもチケットの価値はあった」と興奮気味に
語るサポーターが語った。
『Mediotempo』はこの状況を
「ピッチ上だけではない本田の人気に衝撃を受けた」
「初めての登場にスポットライトを独り占め」
と伝えている。
本田の積極的なプレーは今後、ゴール量産が期待出来そうだ。
本田としては良いイメージで、31日に対戦するオーストラリア代表戦
を迎えられることは大きいと思います。
活躍を期待しましょう。