木更津総合逆転負け 両校女子マネのドラマ 画像

2018年6月16日

木更津総合が石川県代表の日本航空石川に5-6で逆転負けした。
2-5から9回に一挙4点を取られ、その裏の2死1、3塁の得点機も
最期のピンチヒッターが三振して終了。
同点になれば再逆転もあっただけに
手に汗握る攻防はこれぞ甲子園、という雰囲気を作ってくれた。
試合後、木更津総合の監督は8回の攻撃が無得点に終わったことを悔やんだ。
山下に代わる投手を育てられなかったことも敗戦の一因に挙げた。
—————————————————————
ネット動画配信で見ていた私も、思わず興奮した。
千葉県在住の私にとって、千葉代表の木更津総合を応援したいのは
やまやまだったが、良い試合だったので、勝ち負けに関係なく
勝った日本航空石川にエールを送りたい。
——————————————————
Twitterの意見も
「朝から感動させてもらった」
「これぞ甲子園、という試合を見せてもらった」
といういう意見や、
「関東勢は埼玉しか残っていない」「弱いな関東勢」という厳しい意見も。
————————————————————-
不利な状況から、逆転で勝利する。
スポーツ観戦のだいご味といってよいだろう。
格闘技や相撲にしろ、真剣勝負、最後まで
勝負を諦めない姿勢が、人々に感動を与えるのでしょうね。

★両校の女子マネージャーが話題に

日本航空石川の女子マネジャーのCAの服装は、話題でしたね。
日本航空石川の女子マネ.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00000050-dal-base.view-000
ベンチ入りしたのは、日本航空石川の女子マネジャー・大見謝(おおみしゃ)伶華さん(3年)だ。
普通科の大見謝さんは「キャビンアテンダント専攻」で学び、
将来は客室乗務員を目指している。
「甲子園でマネジャーをやった。ここで、学んだことを将来生かした」と語った。
————————————————————
木更津総合の女子マネも話題だ。
母娘二代”マネジャー金子麻記さん .jpg
https://news.goo.ne.jp/picture/region/chiba-20170811111450.html
親子二代で女子マネを務めたという金子麻記さん(3年)だ。
金子さんは、お母さんが前身の木更津中央時代の女子マネジャー。
金子さんのお母さんは、木更津総合が2008年、90回大会の甲子園に出場した際、
麻記さんと一緒に甲子園に応援しに出かけた。
その後も、母校の試合に連れていき一緒に応援した。
自然の流れというか「木更津総合でマネージャーをやりたい」と思うようになったそうだ。
「あっという間の3年間だった。母親に感謝したい」と語っていた。
両校ともに話題、ドラマはあるものです。
日本航空石川には、次の試合も感動する内容を期待しましょう。
【こんな記事も読まれています】
広陵高校 中村奨成 弱点は?
広陵中村奨成 母子家庭 彼女は?
鍛治舎巧 解説 秀岳館監督引退
大見謝伶華 のツイッター タレント画像