大谷翔平 メジャー 評価 二刀流は?

2018年6月16日

大谷翔平のインタビュー

大谷自身は、自分の所属している日本ハムと、栗山監督に感謝しているとのこと。
また、大谷以外に投手と野手の二刀流ができる選手が
日本のプロ野球選手にはいないといいことも考えれば、
彼は日本のプロ野球を変えた男と言っていいと思います。
昨年の2016年、パ・リーグMVPに加え、
史上初のベストナインW受賞に輝いたことも
160キロ越えのストレートが投げられることや、22本塁打が示す通り、
打者としても長打力の魅力があります。
熱い視線を送っているメジャーでも、活躍できると思いますが、
メジャーに行くことになったら、投手か野手かどちらかになるのでしょうか?
それとも日本でプレーしている通り二刀流をやるのでしょうか?
そう考えると、とても楽しみな選手ですね。

北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 投手三冠への軌跡

メジャーでの大谷の評価

ところで、気になるのがメジャーでの大谷の評価は
どうなんでしょうかね
二刀流は?というと、
「大谷はすでにメジャーリーグのトップ級の選手と比べても全く遜色がない」
「どの球団へ行っても先発ローテーションに入ることは間違いない」
というもの。
あくまで投手としての評価であり、打者としては2015年は不本意でしたね。
それが2016年の打者としての活躍で一遍。
打者としての評価も上がったのです。
「大谷翔平は野球界で最高の逸材だ」
「打者としてもオールスターに出場できる素質だ」と。
現在、日本のプロ野球は今年が最後で、
2018年にポスティングでの移籍が濃厚なだけに、
入札の提示される契約金や年俸は、
破格の値段が提示されるのと間違いなしですね。