Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!



ホルムズ海峡 石油 日本タンカー被害

ホルムズ海峡で、タンカー2隻攻撃された事件。
安倍首相、イラン訪問中に起きたことと、タンカー2隻のうち1隻は
国華産業(東京・千代田)が運航する
パナマ船籍のコクカ・クーレジャスであることから、
日本に警告か?という憶測が広がっています。

引用画像

この船には、日本人の乗組員はいない模様で、
フィリピン人の船員21人が乗っていたが、
全員避難して無事だということです。

沈没するような損傷ではないということです。

引用画像

国華産業は当日、メタノールを運んでいたそうです。
※三菱ガス化学が50%を出資し運営している海運会社。

国土交通省は、攻撃者がだれか?日本を標的にしたのか?
いずれも不明でだとのことです。

アメリカとイランの対立が背景に

この海域では、5月にも、アラブ首長国連邦(UAE)や
サウジアラビアのタンカーが攻撃されていて、
アメリカとイランの対立がその背景にあることは明らかです。

アメリカはすぐに、原子力空母や戦略爆撃機を
ペルシャ湾付近に派遣しています。

ボルトン米大統領補佐官は、
「攻撃したのは“確実にイランだ”」と発表、
イランは関与を否定しています。

原油市場はが与える日本経済の影響

原油価格は、米中貿易戦争が激しさを増す中で、
世界経済が減速しつつあります。
それにイランとアメリカの対立が、
こうした事件を引き起こしました。

ホルムズ海峡は、サウジアラビアや中東各国が
原油を輸出する為には欠かせない海域です。

世界の消費国にとっても交通の要であり、
ホルムズ海峡経由の輸送は重要です。

資源をもたない日本は、
原油の8~9割を中東に依存していますし、
日本経済に与える影響はとても大きいのです。

世耕弘成経済産業相は13日夕、
「現時点で日本のエネルギー供給にまったく問題は生じていない」と
言っていますが、このまま、緊張が高まると、
ガソリンの値上がりなどを通して
国民生活への影響が出てくることが懸念されます。